効率的に記事を書くテクニック #社長のヤミ勉#キュレーション

効率的に記事を書くにはリライトすることがよく行われます。

rewriting

なぜ、リライトが必要なのか?

参考にしたサイトの文章をそのままコピーペーストしてしまうと、いろいろな問題が生じます。

  1. 著作権に触れる。
    オリジナルの文章作成者には著作者としての権利がありますから、そのまま貼り付けてはいけません。一部の引用は可ですが、その場合でも引用元を明示しなくてはなりません。
  2. グーグル対策上問題。同じ文章が掲載されていると、グーグルには重複コンテンツとして認識され、最悪な場合には検索時にペナルティが課され、検索上位に表示されなくなります。

そこで、記事の書き直し=リライトが必要になるのですね。
書き直しですから、語尾を変えたり文章を組み替えただけではリライトとは言いません。

リライトのテクニック

類義語の使用

一番労力少なく書き換えをする方法としては、類義語を使う方法があります。
単語を置き換えるので言葉は変わりますが意味は変わりません。

類義語を探すにはシソーラス(thesaurus)を使うと便利です。
Weblio辞書 http://thesaurus.weblio.jp

400万語の類義語、同義語、関連語が掲載されています。

使用例

たとえば、Weblioで「副業」を調べてみましょう。入力はキーワードを入れるだけ。

weblio

このように、類義語が出力されます。

weblio2

このように、数多くの類義語が出てきますから同じ意味でも使う言葉が変わります。

言葉が違うと重複にはなりません。
単語を変えるのが一番効率がよいと申し上げたのは、そのような背景からです。

この単語を使用して文章自体を書き直す必要はありますがゼロから文章を考えるよりは早いですよね。

参考 http://hikaribooks-buy.com/?p=1238

*******

小口細分化して空室リスクを極限まで押さえながらアパマン投資を上回る驚異の高利回り!セルフストレージ(トランクルーム、レンタル収納)投資のためのセミナーも開催しております。無料で定期開催しているのは東京圏では弊社ぐらいではないかと思います。開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣

SNSでもご購読できます。