1棟ものアパートへの投資と収支(4)地方の一棟ものアパートをローンで購入する場合

トランクルーム大家マイクラです。経済的自由の獲得を目指す大家さんの間で一番人気のある、一棟ものアパートへの投資による収支はどのような感じになるのか。前回はローンを使った場合の分析でした。今回は、ここまでの考察をまとめてみたいと思います。

地方の一棟アパート投資の考察

地方の一棟ものアパート投資へのシミュレーションをご覧いただきました。地方アパートは投資対象として優れていることがなんとなくお分かりいただけたかと思います。節税の点、利回りの点で金銭的構造が優れているのです。

収益性が高いことから返済比率が低く済み、賃貸不動産を運営していくうえで重要な安定性が高い投資対象といえます。
これが都心の物件になりますと、収益性が低いため返済比率が高くなり、安定経営できなくなってしまいます。都心物件には都心物件なりのよさがあるので別途ご説明しますが、都心不動産をローンで多数保有しようとすると返済で悩む方が少なくありません。

私どもが考える、理想的な不動産投資戦略としては、地方の1棟ものアパート・マンションと後述するセルフストレージを買い進めていき、キャッシュフローを潤沢にして給与収入に頼らずとも生きていける、好きな仕事を選ぶことができる、セミ・リタイヤの状態に持っていくことです。

apartment3キャッシュフローが潤沢になれば、不動産への経験値も上がっていることと思いますので難易度の高い投資案件、例えば再生案件ですとかソシアルビル、商業ビル、都心1棟ものなどを買い進めていくことでさらに収益性を高めることができます。

最初に収益性の高い地方の一棟ものアパート・マンションまたはセルフストレージを購入し、キャッシュフローを積み上げていき、そのキャッシュフローを元手に、勤め人生活をやめて自由な生き方を満喫するというのが理想的な投資戦略です。

中古物件は数十年後には経年劣化で継続使用が難しくなる可能性がありますが、その時点までで十分なほどの投資資金が回収でき、さらに建物を解体して土地を売るということも可能です。木造や軽量鉄骨の場合、新車の国産車1台分よりも解体費用が安いことがよくあります。

土地に新しくアパートを建築するのもありだと思います。なぜなら残債のない土地になっていますから、その土地を担保にして銀行に建築計画付きで融資を受ければよいのです。地主さんが地方にアパートを建てて悠々自適な暮らしをしていらっしゃいますが、あなたもおなじようなことができるようになるのです。

実際に私共のお手伝いした方々にも数多くの方々がサラリーマンを辞めて自由に暮らしていらっしゃいます。はじめはゴロゴロしたり旅行に行ったりするようですね。そのうち暇すぎて余暇に没頭したり、ボランティア活動や子育てに専念したり、起業されたりなど新しい人生を歩まれるようです。


 


 

***** PR *****

満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)。「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。
関東圏にお住まいの方は、都心で投資スキルをあげていただくためのセミナーを定期的に実施しています(毎週開催)。
開催予定は健美家に掲載されています。https://www.kenbiya.com/semihost/mykura/

小口細分化して空室リスクを極限まで押さえながらアパマン投資を上回る驚異の高利回り!セルフストレージ(トランクルーム、レンタル収納)投資のためのセミナーも開催しております。無料で定期開催しているのは東京圏では弊社ぐらいではないかと思います。開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*