開業医自身の「性格」を見極めて資産形成の方法を決める|vol.428

実は一番大切な、開業医自身の投資・運用の「性格」

ここまでくればもう終盤ですが、長期運用には開業医ご自身の性格に合った投資をすることがとても大事になってきます。

投資商品の値動きが気になって仕方なく仕事に手がつかなくなってしまう医師もいますし、短期ですぐに成果を求めてしまうために長期運用が苦手な方も数多くいらっしゃいます。特に株式や投資信託は新聞やネットで時価を見ることができるため、一時的に損がでているときにがっかりしてしまうことがあるようです。

引退後に幸せな生活をするための資産運用によって今の生活が不幸になってしまっては本末転倒ですから、ご自身の性格に合わない投資は避けることをお勧めしています。大まかに以下のような性格に分けることができますので、自分がどれにあてはまるかを把握した上で資産運用をしていただければと思います。

友好的タイプ

家族、友人や職場の仲間などとの関係を大事にする性格です。社交的で明るい方が多く、みんなの人気者という方が多いのですが、決断に時間がかかることが多いのが欠点でしょうか。まわりに人が多いですから、投資についてもたくさんの意見を求めてしまい、自分で決められないようになってしまうのかもしれません。穏やかな性格であることは長所です。

性格の起伏が少ない方であれば、短期的な結果にこだわらず長期運用に集中することができますので、低リスクで安定運用ができる債券や債券を多く組み入れた投資信託などが合っていると考えることができます。

積極投資タイプ

常に積極的で成功のためのチャンスを探しているタイプです。ポジティブ思考で、自分の意思決定に自信があることは非常によいことですが、直感に偏り過ぎてロジックが後付けになってしまうことには注意が必要。周りの常識にとらわれない自由な発想の持ち主であるため、世の中の流れを上手に読んで急成長する株を見つけることに長けている方が多いことも特徴です。積極的にリスクをとることを恐れない性格なので、外貨建て商品や株式など値動きが比較的大きい金融商品から分散投資を怠らないようにしつつ、選ぶのがよいでしょう。確定拠出年金(401K)の中で積極的運用のプランを選ぶこともおすすめです。

分析的思考タイプ

状況を冷静に分析し、ゴールに向かって一歩一歩、確実に近づいていく方が多いのがこのタイプです。勉強や情報収集が得意で、きちんと準備ができてから意思決定をします。金融商品への投資に絶対はありませんので、失敗を避けようとしすぎることや、完璧主義になりすぎてしまうことに注意しましょう。実は、このタイプが開業医では一番多いのです。できる限り多くの情報を集めようとする性格のため、投資の判断にどうしても時間がかかってしまうことは受け入れるようにしましょう。情報や意思決定に偏りがないようにするために、的確なアドバイスをしてくれる友人を持つことも大切です。

環境や制約を把握し、計画を立てることが得意なため、資産運用においては実力を発揮してくれます。このタイプの開業医の方は、資産運用のゴールに合った金融商品をご自身で選ぶことができるはずです。

成果重視タイプ

強い責任感を持ち、行動力があります。一方で短期的な成果を求めがちで、自信があるあまり人の意見を聞き入れないことがありますので、注意が必要です。しっかりとした目標を持ち、達成のために努力を惜しまないところは投資に向いていると言えますので、投資信託や株式など運用成績が日次で把握できる分かりやすい金融商品が向いているのかもしれません。

ここでは投資に影響を与える「性格」を4つに分けてみましたが、どれに当てはまりましたでしょうか。大切なことは、自分の性格による長所と短所を把握することです。この作業によってご自身に合った投資スタイルを固めて、資産運用のゴール達成を近づけていきましょう。

きょうもここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。
トランクルーム大家より。

都心でトランクルーム経営を学ぶことができるセミナーを定期的に実施しています(開催日程を知りたい方はクリック)
開催予定はこちら。
トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣


ポータルサイトにあなたのトランクルームを掲載しませんか?
1ブランド(1運営会社、1個人事業主)につき3店舗までは無料!
トランクルーム・レンタル収納検索|MYKURA.COM

運営:満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)
「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。

error: Content is protected !!