開業医の節税、経費の3つの活用法|vol.422

開業医の経費を3つに分類

税金対策を行わないと納税額ばかりが増え、資金繰りに苦労することがあります。税金の計算に使われる所得は簡単にいうと収入から経費を引いた金額です。まずはこの経費から見ていきましょう。

経費はおおまかに①患者のため、②従業員のため、③自己投資の3種類に分けることができ、ここから課税所得を減らすことを考えます。

①患者のための設備投資

医療用設備、椅子やベッド、治療器具やパソコンなども設備投資に含まれます。減価償却の対象となりますので、一年あたりの償却費を把握しておきましょう。税理士に確認すれば、どのくらいの耐用年数、償却費となるか分かりますので、定期的に相談することをお勧めします。不要なものを無理に買う必要はありませんが、最新の医療器具をそろえることは患者さんのためにもなり、喜ばれます。

②従業員用の福利厚生

勤務医や看護師、事務員も含め医院のスタッフにやる気をもって働いてもらうことは大切です。

スタッフの日頃の頑張りをねぎらうためにも、特別賞与、昇給などを活用することができます。大きな黒字が出そうな年に従業員向けの報酬を追加することが理想ですが、研修旅行などの福利厚生費として一時的な費用とすることもできます。最近は人件費の高騰も騒がれていますし、転職市場もしっかりしているため、働くインセンティブがないと従業員はすぐに辞めてしまいます。優れたスタッフを引き留めて離職率を下げるためにもボーナス原資や福利厚生費は確保しておいた方がよいでしょう。

③自己投資

医療法人を設立している前提にはなりますが、収入を後回しにする方法として、退職金の積立てをすることができます。その年の黒字を一時払い生命保険に投資しておけば、保険料の全額、または半額を経費として認識することで税金対策になります。自身のためだけでなく、奥様を役員にしておけばその退職金としての積立ても可能です。まだ利益が残る場合は、役員報酬を増額して理事長、理事が恩恵を受けるようにすることができます。

退職金の準備や給与の引き上げが柔軟にできることが個人事業主と比較した医療法人設立のメリットです。 これは知人から聞いた話ですが、医療法人を設立せずに数年にわたり1,000万円超の利益を出し続けた方もいらっしゃいます。税理士からのアドバイスはなく、節税は何もしていなかったそうです。もっと早く相談していなかったことが悔やまれますが、税金の知識があるかどうかで将来の資産形成が大きく変わってくることを分かっていただけましたでしょうか。

きょうもここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。
トランクルーム大家より。


都心でトランクルーム経営を学ぶことができるセミナーを定期的に実施しています(開催日程を知りたい方はクリック)
開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣


ポータルサイトにあなたのトランクルームを掲載しませんか?1ブランド(1運営会社、1個人事業主)につき3店舗までは無料! ⇒ トランクルーム・レンタル収納検索|MYKURA.COM

運営:満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)。「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。

error: Content is protected !!