不動産業界との上手な付き合い方とは|vol.217

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。


これから不動産ビジネスで利益をあげようとするとき、信頼できる専門家のパートナーの存在が不可欠となります。
金融機関、設計士、司法書士、家屋調査士、弁護士、税理士、建築業者そして不動産屋。
不動産ビジネスにおいても、こういったプロの専門家たちに遠慮なく相談できる環境が備わっていることがとても大切です。


専門家のアドバイスを鵜呑みにしない

しかし、ほとんどの人は、知人に相談できる専門家がいないために、もしかしたら「お客様のため」ではなく自分の利益最優先で考える、わるい言葉を使えば、ぼったくりする専門家のカモになることもあるかもしれません。

例えば、アパート・マンションを建築するとき、

  • 金融機関から建築会社を紹介される。
  • 不動産屋から管理会社を紹介される
  • 建築会社から司法書士を紹介される

といったケースが一般的な例です。

これらは、お客様のことを第一に考えて行っているように見えますが、実は、お客様最優先ではなく、「自社の利益優先」で他の業者を紹介するケースがあるのです。

例えば、建築会社が不動産屋に管理物件を紹介すれば、自社に手数料収入が入ります。

どの業界でも同じようなことはありますが、不動産業界や建築業界では、特にこういう横のつながりが強いのです。

また、専門家は必要なアドバイス以上の過剰な提案をしてくることもあります。
特に、建築関係のことに関しては一般の方は知識がほとんどない方が多いと思います。

工事内容、使用部材、価格の妥当性もわからないし、改装の提案を事細かに提案されても、その工事は本当に必要なのか分からないと思います。
分からないときは複数の業者に聞くことが大切です。

複数の業者に聞くことによって、頼れる専門家、信頼できる専門家が見つかることがあるでしょう。



都心でトランクルーム経営を学ぶことができるセミナーを定期的に実施しています(開催日程を知りたい方はクリック)



不動産屋に任せるべきこと、自分がやるべきことを理解しよう


このブログを読んでいる方にいきなり質問です。
「不動産屋は何をすることが仕事だと思っていますか?」

不動産屋の仕事というのは、「情報の仕入と発信」です。

もちろん、それ以外にも不動産屋は様々なことをしています。

何が言いたいかというと、不動産屋に過度な期待をしてはいけないということです。
不動産屋は慈善事業でありません。収益の多くは成功報酬です。

売却希望物件が売れなかったり、賃貸物件が空室であっても不動産屋は困りません。

しかし、多くの人は「不動産屋にお任せしていればどうにかしてくれる」と思っています。
でも、言い方はよくありませんが、売れないものは売れません。

だから、売却するために、空室を埋めるためにどうすればいいか自分自身で考えなければなりません。

これが不動産屋の自社物件となれば話は違ってきます。
売れないイコールリスクです。

どうすれば早く売却できるのか不動産屋はいつも考えています。


人気ブログランキングに登録しています。ブログ執筆の励みになるので、おもしろかった・参考になった記事の時はポチっとクリックお願いします。


よって、不動産屋が仲介物件を自社物件と同じように考えることはありません。
一見仲介物件を売っているように見えますが、不動産屋がやっていることは、「この物件売っていますよ」という情報を発信しているだけです。

不動産屋のビジネス形態の一つは、分かりやすく言えば、「売りたい人と買いたい人を結びつける」商売です。
売りたい物件があるからこそ買主を探したり、買主がいるからこそ、物件を探したりしているだけです。

手数料を稼ぐには、売り買いの情報をいかに多くマッチングできるか次第です。
とはいっても、すぐに売れる物件であれば簡単に買い手が見つかるでしょうが、中にはなかなか売れない物件も少なからずあります。

実際、本当に売れる物件というのは広告に掲載する前に売れてしまします。

不動産ビジネスで利益を上げている人というのは、不動産屋の役割を理解していて、自分がやることと、不動産屋がやることをしっかり使い分けしています。
売却でも賃貸でも、不動産ビジネスで利益を上げるためには不動産屋にすべてをお任せするのではなく、不動産屋を上手に使いこなすことが大切です。

きょうもここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。
トランクルーム大家より。

【 トランクルーム・レンタル収納への投資をお考えの方へ 】


関東圏にお住まいの方は、都心で投資スキルをあげていただくためのセミナーを定期的に実施しています(毎週開催)

セルフストレージ(トランクルーム、レンタル収納)投資のための知識も身につきますし、個人投資家をだます悪徳仲介業者からあなたのお金を守る方法(実経験に基づく)についてもお話しすることがあります。二重売買契約に知らずに加担し、ひどい目に合わないように(知らずとも加担すれば有印私文書偽造、詐欺として訴えられたり、融資行から貸付金の即時返還を求められますよ あなたはブラックリスト行きになりますよ それでも、やるの?)、しっかり学んで楽しく投資をしましょう。

開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣

ポータルサイトにあなたのトランクルームを掲載しませんか?1ブランド(1運営会社、1個人事業主)につき3店舗までは無料! ⇒ トランクルーム・レンタル収納検索|MYKURA.COM

運営:満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)。「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。

error: Content is protected !!