レンタル収納・トランクルーム賃貸とはどんな商売なのか?(1)


トランクルーム大家です。新しい年度も始まったことから、すでにトランクルーム投資に関心をお持ちの方にも、そうでない方にも、このブログを読んでトランクルームへの投資を考えるきっかけになればと思い、今回のブログからしばらくはトランクルーム投資のイロハから投資戦略まで、「トランクルーム投資とは」について書いていこうと思います。


新業態だけにPR次第で、 まだまだ成長する余地の大きい商売


トランクルーム投資とは、アパートやマンションや事務所店舗ビルなどいわゆる収益不動産投資の一種です。

米国や欧州、豪州、東南アジアでも香港やシンガポールなどでは40年程前から知られている投資ですが、日本で注目を浴び始めたのはここ10年ほどのことです。最近は日本でも、トランクルーム自体の認知度も上がってきたため、100世帯に1世帯程度の利用率となっております。
ちなみにトランクルーム先進国の米国では10世帯に1世帯が利用しておりますから、日本もそう遠くない将来20世帯に1世帯、10世帯に1世帯といった感じの利用率になるかもしれません。

どうですか?早速トランクルーム投資に興味が沸いてきたのではないでしょうか?

ここからはトランクルーム投資のイロハについて少しおさらいしますね。

トランクルーム商売(投資)とは〜個人の家庭や事業所では収納しきれない物品を、お金をもらって預かる商売〜

トランクルームやコンテナなどのレンタル収納とは、個人の家財道具や本、雑誌、ビデオ、美術品・衣類・書類等を預かる商売です。

また、企業の事務機器や書類など商品ではない物品を預かる形態もあります。

つまり、個人の家庭や事業所では収納しきれない物品を、顧客からお金をもらって預かる商売と考えればいいでしょう。

レンタル収納の事業形態は大きく分けて2種類あります。
ひとつ目は倉庫業を主力事業とする会社が、一般消費者や企業を対象にして家財道具や衣類・事務 機器・書類などの非商品を自社の所有する倉庫に保管し、顧客からの物品預かり料が売上金となります。

もうひとつは、賃貸業を商売としている会社や空きスペースを保有している個人が顧客の物品を預かり、賃料を支払ってもらう形態です。
いわゆる室内型トランクルームと呼ばれる形態では、建物の部屋をパーテーションで間仕切りし、お客の荷物収納スペースをレンタルします。

前者は、もともと倉庫業を専門にしているので法的な規程があり、保管した物品の安全性や空調管理がしっかりして、人の立会いの管理がされています。しかしながら、その分、保管料が割高です。

物品の出し入れに関しては24時間サービスの会社もありますが、場合によっては時間制限を設けているため、倉庫の営業時間内に物品を出し入れしなければならないという不便さがあります。こうしたトランクルームは宝石や美術品、重要な書類などを預かるのに向いています。

一方、後者は専門的な保管サービスを必要としない顧客を対象にスペースを提供して物品を預かります。専門の倉庫業者のように保管の責任範囲は少なく、住居の賃貸と同じように、あくまで空きスペースを貸すビジネスです。

借り手が鍵を持ち、出し入れの時間制限もないので、スペースを貸す側としては、それだけ気楽な商売ということができるでしょう。借りる側は衣類や食器、家具、レジャー用品などを預けるのに適切なスペースです。


人気ブログランキングに登録しています。ブログ執筆の励みになるので、おもしろかった・参考になった記事の時はポチっとクリックお願いします。


【 トランクルーム・レンタル収納への投資をお考えの方へ 】

満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)。「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。
関東圏にお住まいの方は、都心で投資スキルをあげていただくためのセミナーを定期的に実施しています(毎週開催)

セルフストレージ(トランクルーム、レンタル収納)投資のための知識も身につきますし、個人投資家をだます悪徳仲介業者からあなたのお金を守る方法(実経験に基づく)についてもお話しすることがあります。二重売買契約に知らずに加担し、ひどい目に合わないように(知らずとも加担すれば有印私文書偽造、詐欺として訴えられたり、融資行から貸付金の即時返還を求められますよ あなたはブラックリスト行きになりますよ それでも、やるの?)、しっかり学んで楽しく投資をしましょう。

開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣

ポータルサイトにあなたのトランクルームを掲載しませんか?1ブランド(1運営会社、1個人事業主)につき3店舗までは無料! ⇒ トランクルーム・レンタル収納検索|MYKURA.COM

SNSでもご購読できます。