セルフストレージ超入門(15) 第8講2節 地主・大家と直接賃貸借契約を結ぶほうが良いケースとは?

地主・大家と直接、賃貸借契約を結ぶことをお勧めする理由は、トランクルーム運営代行業者が倒産してしまった時のことです。

契約を締結したトランクルーム業者が倒産してしまった場合、トランクルーム事業の運営継続が出来なくなる可能性があるためです。

そんな時の為、万一に備えて地主と直接賃貸借契約をしておけば、お客様募集等の仲介や業務管理は、地元の不動産会社等と再契約をすることも出来るので、トランンクルーム事業の継続は可能となる為です。

もちろん、良心的なトランクルーム運営業者であれば、不測の事態に至る前に他社の代行業者に引き継ぐなどしてくれますので、あなたとお知り合いの運営業者さんが信頼のおける確かな先様であれば、ここまで心配する必要はないかもしれませんね。

ただ、零細企業の場合、ちょっとした業績不良であっという間に会社が立ち行かなくなってしまいますから、あなたがお付き合いしている業者さんが零細企業に分類されそうな先であれば、心づもりはしておいた方が良いかもしれません。

では、企業が零細企業か否かはどうやって見分ければよいのでしょうか。

(明日の記事に続きます。)

 

 

***** PR *****

高額納税者の節税投資物件をこっそり情報提供してほしい方はこちら。満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)。大学時代の漫才研究会みたいな略称ですが、仕事はまじめに楽しく投資家の立場に立って、がモットーです。

「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。

関東圏にお住まいの方は、都心で投資スキルをあげていただくためのセミナーを定期的に実施しています(毎週開催)。
開催予定は健美家に掲載されています。https://www.kenbiya.com/semihost/mykura/

小口細分化して空室リスクを極限まで押さえながらアパマン投資を上回る驚異の高利回り!セルフストレージ(トランクルーム、レンタル収納)投資のためのセミナーも開催しております。無料で定期開催しているのは東京圏では弊社ぐらいではないかと思います。開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*