セルフストレージとは?(05) トランクルームによる、小口分散化と安定的な不動産投資の実現

(仕事が立て続けに入ってしまい、投稿間隔が空いてしまいました。連載を楽しみにしていらっしゃる方々、ごめんなさい)

 

”三方よし”の小口分散化の賃貸不動産投資 トランクルーム

 

借りる人も貸す人もハッピーになることのできる小口分散化の賃貸不動産とは、一体なんでしょうか?
それがトランクルーム経営なのです。

前回のお話では16㎡のお部屋の細分化の例を出しました。
同じ例に沿って説明しましょう。
図式は次の通りです。

16㎡の広さに1㎡のトランクルームを8つ設置し、5,400円で貸し出します。
これで16㎡当り単価は、2DKで37,500円⇒1ルームで40,000円⇒トランクルームで43,200円となります。

トランクルームの場合月ごとに1つ2つの解約はあっても、8室一度に解約が重なる事はありませんので、アパート・マンション経営の様な空室リスクは回避できるのです。

1棟丸ごとトランクルームに転換してしまうことで、もっと安定的な運営が可能となります。
上の例ですと16平米のお部屋が10室ある集合住宅をトランクルームに転換し、80室の小口分散化された賃貸物件に転換するのです。

実際に出店する場合、30~50平米のお部屋を小さく切って、およそ15室から30室にして貸し出します。もちろん1棟丸ごとトランクルームにする方も少なからずいらっしゃいまして、その方々ですと1度に70室から200室程度の規模で開始されています。

一度借りると月額課金で賃料は自動的に引き落とされますので、よほどのことがない限り利用者の方々は使い続けていただけます。

1室あたりの賃料も低額(月数千円~)なため、利用者の皆さんの家計のリストラなどで削減対象になることも、まず、ありません。

どうやらトランクルーム利用者の皆様にお話を伺ってみますと、一度ものを入れてしまうと、解約してものを運び出すのが億劫になるようでして、なかなか解約に至らないのです。ありがたい話です。

一度に解約が入るとしても月に1件程度。数件同時に解約が入る時期が移動転勤の3~4月期に来ますが、同じタイミングで新規の利用希望者から問い合わせが入ります。

つまり、前回のお話で出た、区分所有マンションや部屋数の少ないアパートにありがちな、「オールオアナッシングの不安」からも解消されるのです。

ここからはトランクルームをご自身で取り組みたいとお考えの方に、どのような立地でどのようなところに気を付けてトランクルームを開設すれば成功できるか、実体験をもとに22講に分けてご説明したいと思います。

 

 

***** PR *****

高額納税者の節税投資物件をこっそり情報提供してほしい方はこちら。満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)。大学時代の漫才研究会みたいな略称ですが、仕事はまじめに楽しく投資家の立場に立って、がモットーです。

「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。

関東圏にお住まいの方は、都心で投資スキルをあげていただくためのセミナーを定期的に実施しています(毎週開催)。
開催予定は健美家に掲載されています。https://www.kenbiya.com/semihost/mykura/

小口細分化して空室リスクを極限まで押さえながらアパマン投資を上回る驚異の高利回り!セルフストレージ(トランクルーム、レンタル収納)投資のためのセミナーも開催しております。無料で定期開催しているのは東京圏では弊社ぐらいではないかと思います。開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣

SNSでもご購読できます。