トランクルームは安心安全が第一です。
盗っ人がいつ入ってもおかしいようなお部屋に自分の荷物を預けようとする人はまれですよね。

盗難等のリスクに関してですが、現在契約上の法的解釈においてトランクルームは「収納スペース貸し」になる為、お客様の荷物は「お客様の自己責任」で管理して頂く事になっております。この点が「倉庫業」とは違います。

この為、万一の盗難・汚破損の場合、運営側に道義的な責任はあるとしても、具体的な賠償責任は発生致しません。

ちなみに、弊社の場合、そうはいえども万が一の際に知らぬ存ぜぬと言い張るのもいかがなものかと思いまして、トランクルームご利用者方々には任意加入の火災保険を安価でお勧めしております。(三井住友海上火災保険株式会社)

しかしながら、お客様が安心して荷物を保管出来る事が最も重要であることは言うまでもありません。セキュリティシステムの導入は道義的責任や顧客から得る信頼感・安心感の観点からしてもとても重要です。

例えば以下のような設備を導入しておくと安心感の向上に役立ちます。
投資は店舗開設時の1度だけですし、長い目で見て店舗価値を高めてくれる投資であることは間違いがありません。

【屋内型トランクルームに必要なセキュリティ設備】

  • 電子錠
  • 防犯カメラ
  • ビデオを録画するハードディスク
  • (警備保障会社との提携)

共用部分を含め、トランクルームに、部外者が出入りできないシステムとして、電子錠等の施錠設備が必要になります。

万一部外者が侵入した場合や、利用契約した上での犯罪行為を未然に防ぐためにも、防犯カメラの設置が必要です。特に出入りの際、顔を録画できる入口付近の設置は欠かせません。

悪質な犯罪者からお客様を守る為には、以下のようなチェックを忘れずに行いましょう。

  • 契約時にお客様には自筆の署名をお願いする
  • 連帯保証人を立てて頂く
  • 身分証明書と顔の確認を必ず行う

更なる万全を期すために弊社では「警備会社」の導入も行っております。しかしデメリットも無きにしも非ずでして、それは犯罪発生率の低くなるのはよいのですが、それに応じて導入費・ランニングコストが上がってしまうことです。

但しこれによりお客様の信頼性は飛躍的に向上致し、弊社の場合高い入居率を続ける理由の一つになっております。

 

 

***** PR *****

高額納税者の節税投資物件をこっそり情報提供してほしい方はこちら。満室経営研究会 (運営 日本公共収納(株))
略して満研(まんけん)。大学時代の漫才研究会みたいな略称ですが、仕事はまじめに楽しく投資家の立場に立って、がモットーです。

「無料会員登録」画面からメールアドレスを登録していただきますと、翌日以降物件速報が届くようになります。

関東圏にお住まいの方は、都心で投資スキルをあげていただくためのセミナーを定期的に実施しています(毎週開催)。
開催予定は健美家に掲載されています。https://www.kenbiya.com/semihost/mykura/

小口細分化して空室リスクを極限まで押さえながらアパマン投資を上回る驚異の高利回り!セルフストレージ(トランクルーム、レンタル収納)投資のためのセミナーも開催しております。無料で定期開催しているのは東京圏では弊社ぐらいではないかと思います。開催予定はこちら。トランクルーム投資セミナー開催中!リスクの少ない資産運用の秘訣